学生マンションとは?特徴と体験談をご紹介

学生マンションのススメ

学生マンションとは?特徴と体験談をご紹介

学生マンションとは?

大学や専門学校への進学をきっかけに、一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。一人暮らしの住まいとして考えられる居住場所はたくさんありますが、学生であれば、学生マンションへの入居をぜひ検討してみましょう。

学生マンションとは、名前のとおり、学生が入居できるマンションのこと。一般的なマンションやアパートの場合は、年齢や職業の異なる人が一緒に暮らしているのが普通です。学生はもちろん、社会人やファミリー層、高齢者が住んでいるかもしれませんし、お互いの素性はわかりません。しかし、学生マンションの場合、入居者は、大学、短大、専門学校などに通う学生がほとんどです。さらに、学生マンションの中には、女子学生だけを対象とした女性専用マンションもあります。

学生マンションのメリットとデメリットについては、こちらを参考にしてください。

学生マンションとは?

学生マンションの特徴

学生が暮らす学生マンションは、一般的なマンションとは違い、さまざまな特徴があります。費用や設備、食事が付くなど、学生マンションならではの特徴をいくつかご紹介しましょう。

学生マンションの費用と内訳例

学生の一人暮らしで気になるのは、入居にかかる費用や毎月の家賃と共益費ではないでしょうか。学生マンションは、主に学生が入居するため、セキュリティや防犯設備に力を入れている物件が多い傾向にあります。そのため、同じ地域内にある同等の広さの物件に比べると、学生マンションの家賃や共益費などはやや高めとなります。

学生マンションへの入居にあたり、最初にかかることがあるのが、入館料です。それらは、一般的なマンションの礼金のようなもので、月々の家賃の前払い分となります。これ以外にも、一般的なマンションなどに入居するときと同様、新生活を始めるにあたっての家具や家電の購入費用や、引っ越し代金がかかることも、忘れずに計画に入れておきましょう。また、学生マンションは1年ごとに契約を更新する物件が多いため、契約更新料が毎年かかる場合もあります。

入居後に毎月支払いが発生するのが、家賃と共益費。共益費は、共用部分の管理に使われるもので、管理体制が整っている物件は高くなる傾向にあります。インターネットなどの通信費が共益費に含まれている場合もあるでしょう。電気ガス水道代金などの光熱費は、個別に清算して支払うケースがほとんどです。

学生マンションの設備例

遠く離れて暮らす家族が安心できるように、学生マンションではオートロックが整っていたり、防犯カメラ、カメラ付きインターホンが設置されているなど、セキュリティ面に注力している物件が多いという特徴があります。共同玄関のオートロックはもちろん、各住戸の玄関にはピッキングなどの犯罪に利用されにくいデジタルカードキーが設置されていることもあり、特に女子学生の一人暮らしは安心できるでしょう。

また、学生が一人暮らしを始めるにあたって必要になる最低限の設備(エアコン、キッチン、バストイレ、クローゼット)などが付いているのが一般的です。なかには、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの家電製品をオプションとして備え付けられる物件もあります。これらの家電製品は、全て購入するとかなり高額になるため、初期費用を抑えたい人におすすめです。さらに、一人暮らしの生活に便利な、宅配ボックスやコインランドリーなどが整えられた物件も人気です。

食事付きの学生マンションも

学生マンションには、それぞれの住戸にキッチンが付いているため、学生は好きな食材を買ってきて自炊するのが一般的です。一方、管理栄養士が監修した食事などが付いているのが、学生会館です。しかし、学生マンションの中には、食堂が併設されており、希望者は食事を提供してもらえるところもあります。「学校での勉強に集中したい」「料理が苦手」「一人暮らしで食生活が心配」「近くにスーパーがないため、自炊に不安がある」という人には、この食事付きサービスはうれしいポイントになるでしょう。忙しい学生生活を健康かつ有意義に過ごすためにも、食事は生活の基本。選択肢のひとつとして、食実付きの学生マンションを探してみてもいいかもしれません。

学生マンションに住んだ人の実際の声

学生マンションに住んでいる人は、どんな生活を送っているのでしょうか?学生マンションでの生活や、物件選びのポイント、家賃などについて、リアルな声を聞いてみました。
学生マンションに住んだ人の実際の声

「セキュリティがばっちりだから安心感が違う」(18歳・大学生/女性)

「地元を離れて初めて上京するとき、一番心配だったのが安全面のこと。親も『女の子の一人暮らしだから…』ととても心配していたので、防犯性の高い物件を中心に選びました。そのときに知ったのが、学生マンションの存在。『学生寮のような生活はちょっと苦手かな』と思っていたのですが、普通のマンションと同じようにプライベートな空間はあるけれど、セキュリティがしっかりしている学生マンションは、『自分にピッタリ!』と思いました。女子限定の学生マンションだったこともあって、安心感がやっぱり違いますね。オートロックはもちろん、宅配ボックスがついていることも便利。女の子の初めての一人暮らしには、学生マンションが断然いいと思いますよ。」

「友人との交流で学生生活を満喫」(20歳・専門学校生/男性)

「学生生活でのいちばんの楽しみは、友人たちとの交流ではないでしょうか。将来について朝まで語り合ったり、一緒に勉強やゲームをしたりなど、一生付き合っていきたいと思える友人ができました、学生マンションは、気軽に仲間や友人を呼べるからいいですよね。もし友人を自分の部屋に呼ぶことができなかったら、今の生活の楽しみが半減していたかも…。もちろん、周囲に迷惑にならないように気を付けていますが、自由な学生生活を送ることができる学生マンションに住んでよかったな、と思っています。それに、僕の学生マンションには食事のサービスが付いているので、本当にラク。栄養が偏って体調を崩すようなこともありません。これからも、学生マンションで残りの学生生活をエンジョイしていきたいと思っています。」

「卒業後も住み続けたいほどお気に入り」(23歳・大学院生/女性)

「大学に入学して一人暮らしを始めたときから、今の学生マンションに暮らしています。部屋はきれいなワンルームマンションという感じで、本当に快適で気に入っています。そのため、今年の春から大学院に進学したのですが、引っ越しはせずにこのまま同じ学生マンションで暮らすことにしたんです。大学院生になってますます自宅で勉強する時間が増えているのですが、学生マンションなら勉強に集中できるし、プライベートタイムもゆっくりできて、大満足。しかも、この学生マンションは、卒業後、社会人になっても住み続けられるのです。大学院卒業後に就職することになっても、ずっと住み慣れたこの家で暮らしたいなと思っています。」

学生マンションなら安心の一人暮らし

学生マンションというと、学生寮や学生会館と混合されがちです。しかし、学生寮や学生会館には、門限などの細かいルールがあるのに対して、学生マンションはそのような規制はほとんどなく、アルバイトや自由な時間もきちんと確保できます。しっかりとプライベートの時間を楽しみながら、セキュリティ面でも安心できる住まいが、学生マンションといえるのかもしれません。

学生マンションの物件は、全国でも数が限られています。自分にあった学生マンションを見つけるときには、ぜひ「ナジック学生マンション」をご利用ください。

住みたいエリアや学校名から
学生マンションを探そう!

ご不明な点やご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

住みたいエリアや学校名から
学生マンションを探そう!

ご不明な点やご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

このページの先頭へ

学生マンションとは?特徴と体験談をご紹介 | 東京・名古屋・京都・大阪・兵庫・福岡・仙台など全国から、学生向け一人暮らしのお部屋探しをサポートします。

ナジック学生マンション

学生マンションとは?特徴と体験談をご紹介。学生マンション・アパート・学生会館・食事付き学生寮・一人暮らしのお部屋探しなら【ナジック】掲載中の学生マンション・アパート・学生会館・食事付き学生寮などの学生用賃貸物件を、通学可能な大学・専門学校や、住みたい沿線・駅・地域から探して、間取り・予算に合わせた家賃・学校からの通学時間・最寄り駅からの徒歩時間などの希望条件で絞込み!こだわりや条件から探したり、通学可能な大学・専門学校から探すなど、【大学との提携実績No.1】の物件数から様々な方法でご希望の部屋を簡単に探せる全国の学生マンション検索サイトです。気になる学生マンションを見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。学生マンションの検索・部屋探しなら、学生マンション・アパート・学生会館・食事付き学生寮の一人暮らし賃貸情報が満載の【ナジック学生マンション】

もっと見る▼ 閉じる▲