ナジックでお部屋を契約されて、自分らしいライフスタイルで、ひとり暮らしを楽しんでる学生さんたちのお部屋を大公開!
これからひとり暮らしをはじめるアナタのお部屋の参考になるかも!

#001

S.Nさん 2つのサークルと学生委員会に所属。多忙な毎日。

かわいいインテリアもお手のもの。いろいろな工夫で、思い通りにアレンジ。

▲画像クリックで拡大できます。

新築マンションには、先輩や地元の高校の同級生も。

大学に合格した3月頃、入学資料に入っていたナジックのパンフレットを家族全員で見ながら選んだ。「『オートロックがあるところ、セパレートがいい』と相談して、夢が広がりました」。新築だったことと、最寄り駅へも大学へも徒歩10分かからないことが決め手。入居してわかったことだが、高校の同級生が2人もいたそう。「ナジックは24時間サポートの相談窓口があるので心強いです。一度、夜中に電話して近くの病院を教えていただきました」。今では学生委員会活動をはじめ、資格の勉強やサークル活動と、多忙な毎日を送っている。

新築マンションには、先輩や地元の高校の同級生も。

ロフトベッドを置いて、下のスペースを有効に活用。日当りのいいベランダ側にローソファーとコーヒーテーブルを配置して、リビングスペースに。お気に入りのアクセサリーやバッグなどを、ウォールネットを使って見せる収納。さらに、棚やテーブルにペンキを塗るなどちょっとしたアレンジも欠かさない。マンガやゲームなどはかわいい紙袋などを利用して上手に整理。「末っ子なので家族から心配されていましたが自分で何でもするようになって、『しっかりしたね』と言われます」。

母親がつくってくれたアレンジフラワー。

ウォールネットを使ってイヤリングやネックレスなどを見せる収納。

自分でペンキを塗ったお気に入りのコーヒーテーブル。

何でも挑戦!

#002

S.Kさん 車とカメラが好き。大学進学のために単身帰国。

リニューアル物件は新築並みにきれいで狙い目。

▲画像クリックで拡大できます。

住環境を重視することで落ち着いた毎日が送れる。

大学進学のためにひとり日本に帰国することになったという帰国子女。受験の際に入手したナジックのパンフレットを見てインターネットで検索し、情報を収集した。「父親が日本出張になったので、候補のマンションを見にいってもらい、それで決めました」。何より重視したのは、生活環境。大きな幹線道路が近いにもかかわらず、住宅街にあるのでとても静かだ。小さな川や緑がベランダから見え、自然が感じられる。

部屋の形に合わせた細長い机をオーダーメイド。昨年リノベーションされた物件だったため、まるで新築のような美しさ。

冷蔵庫、洗濯機、ベッド台、電子レンジ、ロールスクリーンカーテンがついていたので、家財道具を買わずに済む上、退去後の処分の心配もない。それでも机だけは、ホームセンターでオーダーメイドにした。「細長い部屋なので、自分好みの細長い机が欲しかったんです」。と話す自慢の机は、2人以上並んで座れるほど幅広く、勉強も食事も朝の身だしなみも行う。

修学旅行先のオーストラリアで買ったカンガルーのぬいぐるみ。

海外に住む家族が送ってくれるアジアンフード。友達と作ると盛り上がる。

大切なのは生活環境

#003

N.Mさん テニスサークルに所属。コーヒーにはかなり詳しい。

外観も部屋もひと目ぼれ。ずっとここで暮らしたいと思える部屋。

▲画像クリックで拡大できます。

マンション選びのポイントは「親も安心できること」。

駅を降りるとマンションが見えるほどの駅近。外観や部屋の使い勝手を見て、ひと目ぼれだった。「ひとりっ子なので親は防犯を心配していましたが、それもクリア。店舗スタッフの方が24時間サポートやセキュリティについて詳しく説明をしてくれたので安心しました」。広いクローゼットやべランダがあることも決め手だった。2つの鍋を一度に調理できるIH調理台もあり、ひとり暮らしを始めてからほぼ自炊生活。週に1度食材をまとめ買いをして、近くに住む友達と一緒に作ることも。ひとりの時間が増えて充実の毎日だ。

学校やアルバイトから帰ってほっとできる空間。

マンションの裏手にナジックの店舗があり、何かあってもすぐに相談に行ける。「今でも店舗スタッフの方が気にかけてくれて通学時にお話しすることもありとても安心できます」。マンションに学生しか住んでいないことも安心だという。家具は母親のセレクト。隙間をうまく利用し、家具がぴったりサイズで配置されている。湿度の高い時は換気に気を配り、小物はお気に入りのケースに入れて片付け、快適に暮らせる工夫をしている。夜はおいしいコーヒーを淹れて、ベランダで星を見ながら飲むのが楽しみなのだそうだ。

お気に入りのアクセサリーはジュエリーボックスに収納。

思い出の写真はコルクボードに。

いい部屋で幸せな毎日を

#004

S.Yさん スポーツもファッションも大好き。趣味はカメラ。カフェめぐりも。

広さを活かしたオシャレ空間。

▲画像クリックで拡大できます。

生活に便利な環境と広々とした部屋で安心・快適な学生生活。

合格発表の前に部屋を予約できるサービスを利用して部屋を決めたと話す彼。合格発表後に急いで部屋探しをすることもなかったので、落ち着いてひとり暮らしの準備を始められたという。また、マンションのすぐ近くには通学で利用するバス停や大きなスーパーもあり、生活に便利で満足している。そして、お部屋の設備の故障で困ったときに対応してもらったことのある彼は、24時間365日サポートのサービスもひとり暮らしの心強い味方だと話す。

オンとオフを切り替えて部屋ではリラックスタイム。

将来は広告や雑誌に関わる仕事をしたいと、学校の勉強だけでなく、学外ではファッション関係のフリーペーパー制作に関わるなど充実した日々を送っている。また、実家ではほとんど料理をしたことがなかったが、現在は週3~4回ほど自炊。アルバイト先の飲食店で教えてもらったパスタが得意料理だ。家具を白で統一した明るい部屋で、コーヒーや紅茶をいれ、雑誌を読みながらゆっくり過ごすのも大切な時間だそう。

学生向けのフリーペーパーを制作。

ライトにもなる地球儀はベッドのそばに。

沢山の人と出会って世界を広げて下さい!

#004

Y.Oさん 読書とスキーが趣味。週4日はお弁当を作る。

新築で広いワンルーム。最新のセキュリティ設備で安心。

▲画像クリックで拡大できます。

慎重にマンションを選んでよかったこと。24時間サポートがあるという安心感。

オートロック付きのマンションの2階以上の部屋という条件で、4つ候補があったが最終的に新築だったことが一番の決め手だった。9畳ほどある広いタイプで日当たりも良く、遮るものがないのがいいという。大学や最寄り駅へは徒歩15分ほどで行ける立地の良さ。住み始めてからも、「引っ越してすぐトイレのことで電話をしたら、ナジックのスタッフの方がすぐに来てくださいました」と、24時間サポートの良さを実感。独立洗面台があり、またバスルームとトイレがセパレートである点も、使い勝手がとても良いそうだ。

離れてわかる家族のありがたみ。母親のセンスや心配りに感謝。

キッチンのシンクやIHコンロが広めで使いやすく、ひとり暮らしを始めてから、お弁当を週に4回は作るようになった。「母の作ってくれていたお弁当に似ているなあって。ありがたみがわかるようになりました」。姉の大学卒業と入れ替わりの入学だったので、ほとんどの家具・電化製品をもらい受けたそう。飲食店でのアルバイトにも精を出し、休日は好きな読書を存分にするなどひとり暮らしを満喫中だ。

学生向けのフリーペーパーを制作。

ライトにもなる地球儀はベッドのそばに。

沢山の人と出会って世界を広げて下さい!

教えて、先輩!ナジック学生マンションにお住まいの先輩が、あなたの疑問にお答えします。

Q

ナジック学生マンションが、民間のマンションや他の学生マンションとちがう、いちばんの特長は何ですか?

ナジック学生マンションは、
全国530以上の学校と提携し、
サービスやサポート体制について学校推薦をもらっている、いわば「学校お墨付き」のマンションなんだ。
心配性のうちの両親も、それで納得してくれたってわけ。

Q

あまり体が丈夫なほうでなくて。急に具合が悪くなったりしたらと思うと、心配なんですが…。?

「ナジッククラブ24」という24時間体制のサポートサービスがあります。私も急に発熱した時、専門のスタッフの方から電話でアドバイスもらいました。
おまけに担当のYさんが様子を見に来てくれて、近所の病院に付き添ってくれて。ホント、心強かったぁ。

Q

保護者です。娘が都会で一人暮らしを始めます。住む環境も気になりますが、日常的に迷ったり困ったりすることがたくさんあるのでは。親戚も近くにいないし、と思うと気がもめますが…。

私の親も、それをいちばん心配していました。セキュリティがしっかりしている大手のマンションも検討しましたが、ナジックのお店に行き、担当スタッフのMさんから、今までの先輩たちの話を聞いたり、その親身な姿勢に触れ、母も私も大納得で、ナジック学生マンションへの入居を決めました。

Q

入学が決まったら、今度は就職のことも気になります。それって、気が早いですか?

ナジック学生マンションでは、同じマンションに先輩がいるから、就活のコツなど聞いているよ。
この前も、「ナジック・ワークプレイスメント」という就業体験システムを教えてもらったんだ。マンションには、同じ大学に通う仲間もいて、いろいろ情報交換もできるよ。

Q

東京に出るのも、一人暮らしを始めるのも初めてで、不安がいっぱいではなかったですか?

ナジックのマンションには担当のスタッフの方がいて、入居後も「どんなことも気軽に聞いてね」とサポートしてくれました。
今でも、「遠くの親より近くのナジックさん」と、
日々頼りにしてます。

Q

学校まで歩いて通える場所がいい。築浅で、オートロックで。なんて、この希望、ちょっと贅沢ですか?

ナジックが管理・運営している学生マンションは、
全国で87,700室あるんだ。
豊富な物件と27年の経験と実績は、他にはない強みだと感じた。だから、条件にフィットする物件がきっと見つかると思うよ。

Q

台風や地震など自然災害の時が心配です。携帯がつながらなかったら、実家とも連絡とれないのでは?

そんな時には、「モバイルナジック24」。
大きな災害の時には、ナジックから安否確認メールが届き、それに返信すると家族に安否が知らされる、というシステムなんです。私の場合、一人暮らしの不安や心配を軽減してくれるこんなサービスも、ナジックの学生マンションを選んだ決め手でした。

Q

大学に合格してホッとしたものの、友だちもいなくて、いきなりホームシックにならなかったですか?

ナジックには、「ウェルカムパーティー」という催しがあるの。入居が決まった人たちの歓迎会のようなものだけど、そこで同じ学校の人と知り合って、共通の悩みをオープンに話せました。彼女とは、今でも一番の親友なんです。

このページの先頭へ